野次馬雑記

1960年代後半から70年代前半の新聞や雑誌の記事などを基に、「あの時代」を振り返ります。また、「明大土曜会」の活動も紹介します。

イメージ 1
1969年から1970年にかけて、大学だけでなく全国の高校でもストや授業ボイコット、バリケード封鎖などが行われた。当時の新聞記事を引用する。

朝日新聞 1969.10.28
【高校紛争全国に広がるー2ヶ月間で49校も】(要約引用)
『大学紛争が下火になりかけたのと対照的に、高校紛争が燃えさかっている。9月からの2ヶ月間に、全国でバリケード封鎖や大規模なスト、授業放棄が起きた高校は49校に達した。封鎖やストを伴わなくても、無届けの校内集会などの例は全国のかなりの高校に見られる。
紛争高校は東京の19校をはじめその近県、さらに大阪11校など関西地区に圧倒的に多い。また、各校の紛争理由を見ると地方高校では長髪禁止や学校施設への不満が大きいが、大都市とその周辺では、受験体制に組み込まれた高校教育への不信、校内の集会、掲示を制限する生徒心得への反発など、不満は高校生活のあらゆる問題にわたっている。
<紛争高校>
岩手県:釜石商、長野県:長野、埼玉県:浦和西、神奈川県:川崎・鶴見・希望丘、千葉県:千葉東・千葉・薬園台、東京都:青山・都立大附属・九段・日比谷・学芸大附属・玉川・航空高専・駒場・明治学院・桜町・文京・南・世田谷工・立川・竹早・葛西工・桐朋学園・志村・中大附属 』

私の出身校もこの紛争高校の1つだった。授業ボイコットが行われているということで、高校時代の仲間数人と、情宣活動(ビラ配り)に出かけた。
朝、高校の2箇所の門の前でヘルメットに覆面姿でビラ配りをしていたら、登校してきた日本史の教師に「君も学生運動をやっているのか」と声をかけられた。思わず「はい」と返事をしてしまったが、ヘルメットに覆面をしていてもわかってしまうのですね。
学校側が呼んだと思われるパトカーが来て、応援の警官が来そうな雰囲気になったため引き揚げたが、校舎の窓から生徒たちが興味深そうに我々を眺めていた。
       
朝日新聞 1969.10.11
【目立った高校生-主役はノンセクト】(要約引用)
『新左翼が初の統一行動をみせた「10.10集会・デモ」でもっとも目をひいたのは1650人(警視庁調べ)というこれまでにない数の高校生の集会への参加。この数は警備当局の予想をはるかに上回ったが、この1年間に高校生の活動家が確実にふえ、その組織が70年安保闘争の一端をになうまでに大きくなったことを示したともいえる。
この日、高校生グループは東京・千代田区・清水谷公園に集結した。せまい清水谷公園は、旗の波、ヘルメットのうず、絶叫、そして砂ぼこりで埋まった。
その中でも、この公園の主役は、装備もまちまちなノンセクトの生徒たち。これまでの通りでは、反戦高協、反帝高評などの大学生活動家にテコ入れされた組織が中心で、ノンセクトの生徒は影が薄く、また集会でも遠巻きにして見学することが多かった。しかし、この日は300人以上のノンセクト生徒が一団になって最大勢力をつくった。大学生のテコ入れとは無関係に、自発的に活動の道を歩みはじめる者がふえた。』

私も当日、明治公園の10.10集会に参加する前に清水谷公園(写真)の集会の様子を見に行った。現在は公園内に池ができているが、当時は池がなく、小さな集会ができるほどの広さがあった。
清水谷公園は、この記事のように超満員。私の出身校の高校生(ノンセクト)も参加しているようなのだが、どこに居るのか分からない。
広場の脇の斜面の上に小道があり、そこから広場を見渡すことができたので、そこに登って出身校の高校生の場所を捜していると、出身校の生徒指導の教師が隣でメモを取りながら集会を注意深く見ている。多分、参加している生徒が誰なのかチェックしているのだろう。辺りをよく見ると、私服刑事に混じって高校の教師らしき人物の姿もチラホラ。
出身校の旗を見つけたが、集会の中には入れそうもなかったので、彼らと話すこともなく明治公園に向かった。

1969.10.10集会は「ベトナム反戦・安保粉砕・沖縄闘争勝利・佐藤訪米阻止」をスローガンにべ平連、全国反戦、全国全共闘、反代々木系各派の参加により明治公園で開催された。
清水谷公園で集会を行った高校生も参加し、2万人を超える参加者が会場を埋め尽くしていた。明大全共闘からも約1000名が参加した。
明治公園の集会が終わり、デモ隊が神宮球場の脇を通り青山通りに向けて進んでいると、デモ隊の先頭のほうが騒がしい。拍手をしたり笛を鳴らしたりしている。「何だろう?」と思いながら青山通りに出る手前に差しかかると、その意味が分かった。右手にある都立青山高校(紛争中)の正門の門柱の上にヘルメット姿の高校生が1人立ち、街灯に照らされながら一生懸命に大きな旗を振っている。我々の隊列も旗を振ったり、手を振ったり「がんばれよ!」と叫んだりそれに答えた。
今でもあの光景が目に浮かぶようだ。


イメージ 1
今回も前回の続きということで、催涙弾がひどかった1971年6月17日のデモについて書いてみたい。

1971年6月15日~17日は、6月17日に控えた沖縄返還協定調印を阻止する連続闘争として、全国で集会・デモが繰り広げられた。都内では6月15日に明治公園で全国全共闘・全国反戦の集会が開催されたが、中核派と反帝学評の内ゲバにより統一した集会が開けず、党派間の分裂が決定的となった。1970年初頭から形骸化していた全国全共闘は、この日で実質的に消滅した。この日以降は各党派による統一集会は開催されていない。

6月17の集会は、中核派系が明治公園、反帝学評系が宮下公園、べ平連が中央区坂本公園とそれぞれ独自の集会を持ち、中核派系のデモでは手製爆弾により機動隊員37名が重軽傷を負うという事件が発生している。
この3日間は新左翼運動の1つの転換点だったといえる。
明大の黒ヘル部隊は宮下公園の反中核系集会に参加したが、宮下公園の集会・デモも荒れた。当時の新聞記事を見てみよう。

朝日新聞1971.6.18社会面(要約引用)
【都心で火炎瓶、放火 全共闘系 国電一時ストップ】
「全国全共闘系の集会は分裂集会となった。中核派とわかれた反帝学評、フロント、プロ学同などのグループは渋谷区宮下公園で7800人が集会、デモに移ると間もなく、一部学生がデモコースから外れて国電渋谷駅付近の繁華街へ吹き出し、火炎瓶を投げて荒れた。
さらに約300人は同公園近くの山手線に乱入、線路上で激しい投石、このため山手線は一時、内、外回りともストップした。」

新聞記事では、さらりと書いてあるが、この時の機動隊は催涙ガス弾を水平撃ちにより、デモ隊列に次々と撃ち込んできた。
その時の様子はリンクしている「明大全共闘・学館闘争・文連」のエピソード1971に書いたが、被害状況について明大弾圧対策委員会が書いた文書があるので引用する。

【告発】(要約引用)
「権力の催涙ガスを使った弾圧はますますエスカレートしている。6・17のあの雪のように降りかかる白い粉の中にいた諸君は、これがまったく殺すことさえいとわぬ、権力の狂気じみた拷問的発想であることは確認できるだろう。催涙弾は今や頭部、頚部を狙い撃ちし、眼前で炸裂して、白い毒粉をあびせかけるといった恐るべき凶器となっている。
 当日にも数百発の毒ガス弾が放水とともに撃ち込まれ、ほほを直撃され、口内まで貫通した者、毒ガスによるひどいやけど、中毒症状をおこしている者など多数が催涙弾によって受傷している。
各所の隊列に向けての直撃、至近距離での爆発でデモ参加者ほとんど全員が大量の粉をあびており、即日、あるいは1週間、2週間たってから、顔、首、肩、胸、足などに、しっしん、水泡ができ、その後さらに全身に症状が広がり、リンパ腺がはれあがり、全身がだるく、37~39度の熱が出て、痛み、かゆみで不眠、食欲不振におちいっている。
検査によれば検診者全員に尿と白血球の異常が認められたという。当然のことながら逮捕者の多数が毒ガスにひどくやられている。特に6月17日逮捕の上野128号は上半身から左足ももにかけて、水泡、全身赤くただれ、熱も39度のまま、睡眠、食事もとれず、治療を要求すると五箇所の病院をつれまわされた。結局、あまりのひどさに警察は完黙の彼女を釈放した。最近急激に濃度が強められ、催涙ガスの使用基準は拡大される一方である。(法務省令では、人体に向かっての直撃禁止、警告の義務を明記している。)」

確かに6・17の催涙弾はひどかった。当日、私も全身に催涙弾の粉を浴びたことは間違いない。弾対の文書にあるような症状が出たかどうか記憶にないが、目の調子が悪いのはその時の所為だろうか。
一方、警察の見解はどうか。連載No8で紹介した「過激派殲滅作戦」から引用する。

【過激派殲滅作戦】―公安記者日記― (要約引用)
「6月30日:きのう、救援連絡センターが記者会見し、15~17日に使われた催涙ガスは高濃度の新型で重症ヤケド続出と発表。担当記者から警視庁側のコメントを要求してきた。(中略)警備のいうように、おそらくガスの種類、濃度に変化はないだろうが、低濃度のものでも一定地域で大量に使った場合、高濃度と同じ効果をもたらすわけだから、あのときの乱戦ぶり、特に17日の明治公園の様子からすると、センター側の発表は理解できる。」

おそらく被害の原因は警察の見解のように新型の催涙弾が使われた影響ではなく、多量に、それもデモ隊列に直接撃ち込んで使われたことによる影響だろう。1971年ごろになると、デモの規制には大量の催涙弾が使用され、その使われ方も銃を撃つようにデモ隊列に向かって直撃するような撃ち方が普通となったように思われる。
あの催涙ガスの何とも言えない独特の臭いが記憶に蘇ってくる。

イメージ 1
前回の連載で芝公園の話が出たので、今回は芝公園での苦い思い出について書いてみたい。
芝公園は東京・港区にあり、東京タワーや増上寺を取り巻くような形の細長い公園である。その中に芝公園23号地(写真)というやや広い場所があり、集会やデモの解散地として利用されていた。

1971年のデモ(前回の話に出てきた10.21国際反戦デーのデモだったかもしれない。)に参加し、デモの解散地点である芝公園23号地付近まで来たとき、公園近くの機動隊と反帝学評が衝突。衝突の混乱の中で、反帝学評が近くのプリンスホテルに投石して窓ガラスを壊したことから、機動隊が放水車から着色液を放水した。解散地点である芝公園23号地にデモ隊が入る時、公園の入り口を両側から固めた機動隊の列の間をデモ参加者が1人1人通され、足元をライトの明かりで照らされて、靴に青い色の着色液が付いた学生は次々とその場で逮捕されていった。

やっと解散地点に辿り着いてほっとしたと思ったのも束の間、デモ隊でごった返す公園内に向けて機動隊が催涙弾(注)を次々に打ち込んできた。
公園の園内灯を見上げる、霧雨が降ってくるように催涙弾の粉がデモ隊の上に降り注ぎ、あまりの量の多さに咳きと呼吸困難で窒息するかと思うほどひどかった。

そんな状況の中、突然機動隊が公園内になだれ込んできたことから、公園内は大混乱となった。公園は背後が斜面になっており裏手は寺院の墓地になっていた。公園の入り口からは脱出できないので、デモ参加者は皆、公園の斜面側に追い込まれた。そのため、公園の斜面をよじ登り、高い鉄条網を乗り越えて裏手の墓地から避難しなければならなかった。
皆、夜の暗い中で鉄条網をよじ登っていたので私もそれに続き、何とか裏手の墓地に入り脱出することが出来た。
仲間数人と地下鉄で帰ったが、衣服に染み付いた催涙ガス独特の匂いが電車の中に充満しているような感じだった。電車に乗り合わせた人も迷惑だったでしょうね。

次の日、大学に行くと両手を包帯で巻いた学生に結構出会った。聞いてみると鉄条網の針が手に刺さってかなりの怪我をしたらしい。私は針と針の隙間に手をかけて、慎重に鉄条網をよじ登り何とか逃げおおせたのでよかったが、ひどいデモだった。1971.6.17の渋谷・宮下公園での沖縄返還協定を巡るデモに劣らず、私が参加したデモの中では最悪のデモだった。(機動隊の規制もひどかった!)

(注)催涙弾:催涙弾からはクロロアセトフェノンといた催涙ガスが噴き出し、これを吸い込むと激しい咳や、涙が出て行動が難しくなる。
この時使用されていた催涙弾は、粉を飛散させる粉末タイプのものだったのだろう。
催涙剤を皮膚に付着した状態で放水、催涙剤入り放水を浴びると、化学火傷、角膜白濁等の後遺症の原因になるとされる。


↑このページのトップヘ