イメージ 1
前回の連載で、1969年12月14日に東京・日比谷野外音楽堂で行われた糟谷君虐殺抗議「人民葬」の様子を紹介した。その連載を書いている時に、当日、日比谷公園で出会い、そして数年後、突然別れてしまったN君のことを想いだした。

当日、日比谷野外音楽堂の入り口付近で党派や各大学のデモの隊列を見ていると、ジグザグデモをしている中央大学の隊列の後ろの方にノンヘルでやけに目立つ奴がいる。
よく見ると、高校1年の時の同級生N君である。
すぐに隊列に駆け寄って、「おいNじゃないか」と声をかけた。N君は隊列を離れ、「おう、久しぶりだな」と言って握手をした。中大の法学部にいるとのこと。お互いに連絡先など教えあって、その場は別れた。

N君は高校1年の時、神奈川県でも有数の進学高から都立第○学区内でも最低レベルの我が都立○○○高校に転校してきた。
私とN君の座席が近かった所為もあり、一度N君の家に遊びに行き、N君からウイスキー入りの紅茶を飲まされて、3日くらい二日酔い(三日酔い)で学校を休んだ記憶がある。N君は2年生になる前に別の学校に転校していったが、チョイ悪で個性的な生徒だった。

さて、私は当時、明大全共闘と併行して高校時代の仲間を中心としたグループにも参加していたが、N君も日比谷公園での再会の後、1970年に入ると我々の高校グループに参加するようになった。
一緒にデモに行ったり、メンバーのアパートで議論したりする小サークルのようなものだったが、仲間でいろいろと話しているうちに、N君が高校1年の時に同級生だったS子さんへの強い想いがあり、S子さんと同じ中大に入学したという話になった。(S子さんが中大に入るのを何故知っていたかは不明)
N君からS子さんへの強い想いを聞いて、「そういえばS子さんは高校時代、T君が好きだったらしい」というと、「誰だ、そいつは!」と恐ろしい剣幕で聞き返す。
「ローリングストーンズのミックジャガーに似ていた男だが、知らないか?確かT君も中大に入って、民青と思うが・・」N君はS子さんが好きだったというT君が中大の民青と知ると、「民青恐るに足らず、やっつける!」といって、やけに息巻いている。気迫十分。

70年の5月頃、そのS子さんをウーマン・リブのN子が我々の高校グループに連れてきた。S子さんは色白・小柄であまり喋らず、クールな感じの女性であるが、話をすると理知的な女性という印象を受ける。N君はそんなところに惹かれたのか?
彼女は、その後もN子と一緒に我々の高校グループに時々顔を出すようになった。
グループの集まりではN君とS子さんが顔を合わせる機会もあり、N君はS子さんにそれとなく想いを伝えていたようだが、結局、我々高校グループも71年には解散状態となり、N君とS子さんの距離が近づくことはなかった。
そして、S子さんは、ひょんなことからN君ではなく高校グループに居た私の友人と同棲するようになる。

私が大学を卒業して間もない頃、連絡も途絶えていたN君から突然電話があった。私と私の友人(S子さんと同棲している)と3人で話がしたいということで、数日後、都内の私鉄沿線の飲み屋で待ち合わせすることになった。
私と私の友人が飲み屋で待っているとN君が現れた。N君はそれほど変わっていなかった。大学卒業後、「便利屋」をやっているらしい。「便利屋」の話をしばらくした後、N君が「実はS子さんの情報を知りたい。君達なら何か知っていると思って来てもらったのだが」と切り出した。N君は私の友人がS子さんと同棲していることを知らない。
N君はS子さんへの想いを切々と語るが、私と私の友人はN君に何を言ったらいいのか分からず、ただ相槌を打ちながら話を聞いているだけだった。
話が途切れ、N君がトイレで中座した時、私と私の友人は「どうしようか」と顔を見合わせた。私が「この際、話した方がいいんじゃないか」というと、私の友人も頷き、N君が戻ってくるのを待った。
N君が席について、彼にビールを注いだ後、私の友人が「S子は俺と一緒に暮らしているよ」とポツリと告げた。
N君は「冗談だろ・・」と半信半疑の様子で我々を見た。私の友人が黙っているので、私が「実はそうなんだ。S子さんが彼と暮らしているのは本当のことなんだ。」と改めてN君に告げた。
私の友人がS子さんとの同棲の経過を淡々と話し始めると、N君はビールのコップを握り締めながら聞いていたが、ついにこらえきれなくなったのか、肩を震わせて「うー」と言って店を飛び出していった。
私と私の友人は、もうN君が帰ってくることはないと分かりつつ、ビールが半分残っているN君の飲みかけのグラスと、空っぽの座席をしばらく黙って見つめていた。

N君とは、それ以来会っていない。所在も分からない。
S子さんは、その後、イギリス人と結婚した。