イメージ 1
6月11日は福島原発事故から3ヶ月。全国で「脱原発」の集会とデモが行なわれた。
東京23区では、芝公園、代々木公園、新宿中央公園で集会が行なわれることになり、集会の参加にあたって、どこの集会に参加するのか検討することになった。

1)芝公園での集会→東電前デモ(社民党・JR労連・旧来の市民グル-プ等)
2)代々木公園での集会→渋谷周辺パレ-ド(若者を中心としたグリ-ン系)
3)新宿中央公園での集会→新宿周辺サウンドデモ(素人の乱などの高円寺グル-プ)
4)夕方6時、1)、2)、3)とも新宿アルタ前に総結集。

1)、2)、3)を検討した結果、3)の線もあったのだが、『3大学が合同した旗は全共闘世代にインパクトを与え同世代にアピールしていくだろう。芝公園はそれらの世代が多く集まる。芝公園で3大学の旗をなびかせよう。芝公園には「プロジェクト猪」も主催団体の一つになっている。』ということで、明大、日大、芝工大の3大学共闘を中心とするメンバーは芝公園の集会に参加し、6時からは新宿アルタ前に結集することになった。3大学共闘にあたって、各大学からの次のようなメッセージが関係者に送られた。

ー捻差大全学闘 Yさんから
6.11は3大学で百人とは言わず、二百人が集まろう、集まる努力をしよう。3大学の共同行動は、とりわけ全共闘世代に強くアピールするものと思います。これから連帯するところは大いに連帯し共に進んでいきましょう。私は東京を離れるので参加できませんが、6.11福岡集会には参加します。一人芝工大全学闘の旗をかかげます。
¬逝臈斃鵬顱(禿栂寛陲気鵑ら
3.11以降、状況は一変しました。被災された方々には心よりお見舞い申し上げますと共に、6.11に集まり脱原発を更に進めて行きたいと思います。3大学の旗がひるがえる共同行動は、あれから40年の我々に意義あるものと確信しています。
F鋿臍感ζ(日大930の会) JUNさんより
「日大930(きゅーさんまる)の会」は日大全共闘の同窓会的な集まりで、その名称は1968年9月30日の大衆団交に由来しています。
これまで「930の会」は「記憶を記録に」を合い言葉に、過去と現在をつなぐことに重きを置いてきましたが、3・11大震災・原発事故は、日本そのものの将来を左右するターニング・ポイントであるととらえ、過去と現在をつなぐだけではなく、未来を見据えた行動にも積極的に関っていかざるを得ないのではないかとの声が強まっています。 来る6月11日「脱原発100万人アクション」に、明大・芝工大・九大・東洋大・早大ほかの闘う仲間たちと共に参加出来ることは大きな喜びです。 長い闘いになると思います。最後まで共に、闘いましょう!

芝公園の集会は原水爆禁止日本国民会議 /プルトニウムなんていらないよ!東京 /原子力資料情報室 などの呼びかけによるもので、芝公園→経産省前→東電本社前→銀座→東京駅前→常盤橋公園というコースでデモが行なわれた。
参加者は顔だけ出した者も含めると30~40名。目標の100名には及ばないが、雨模様の天気を考えると上出来と思う。
集会場では3大学の旗が始めて翻り、明大全共闘生田地区共闘会議の赤ヘルも登場した(写真右下)。
「明大土曜会」の旗を掲げていると、2~3人の若い人が声をかけてきた。聞いてみると明大の大学院の学生とのこと。この旗を見て明大関係者と思ったらしい。さっそく明大全共闘ホームページの宣伝のため、名刺を渡す。
集会参加者は主催者発表で6千名。でも見た感じは1500から2000名程度か。

今年の1月、明大の黒ヘル同志だったN氏が惜しくも旅立たれた(ブログNo172参照)。存命であれば、この集会とデモに参加したであろうと思い、昨年2月の明大同窓会でインターを歌うN氏の写真(写真上中央)を胸ポケットに忍ばせて参加した。3大学の旗が翻るこの光景を見せられなかったのが残念である。

デモが始まる頃になると、雨も上がり陽が差してきた。私は写真を撮るため歩道橋に登ったり、歩道を歩いたりしてしたが、そのうちに旗を見失った。皆、途中でデモを抜けたようだ。
6時に新宿駅東南口での待ち合わせということで、早めに新宿に着き、アルタ前に行くと、すでにすごい人だかりである。駅に戻る途中、渋谷系か高円寺系の大音量サウンド・デモが駅の前を通りかかり、すごい迫力。
デモの最後尾につけてデモ隊と一緒にアルタ前へ。機動隊はいるが、あまりの人数の多さに「流れ解散してください」と言うだけ(新聞によると2,500名)。駅から地上への出入り口は警察により規制され、駅から東口広場には出られない状況となっていた。
6時から7時くらいまで東口広場で3大学の旗を翻していたが(写真左上)、疲れも出てきて解散。やはりデモは数ですね。
「脱原発」の集会・デモは今後も続くので、「脱原発」に声を上げたい方は3大学の旗の下に集まろう!