イメージ 1
先週の続きで、9月19日、東京新宿区の明治公園で開催された「さようなら原発 集まれ!5万人」集会とデモについて報告する。
3大学共闘を中心とした小集会での各大学からの発言(後半部分)を紹介する。(発言が聞き取れない部分は省略しています)
司会は明大の米田隆介氏。

司会(米田)
「だんだん過激な発言が出てきているようですが、今日、他の大学の方でここに参加している方がいれば・・・。金沢から桜美林大学の仲間が駆けつけてきています。お願いします。」(異議なし)

桜美林 H氏(写真中央右:H氏のプラカード)
「大学は桜美林大学ですが、当時少数派でしたが、全共闘グループで頑張っていました。(異議なし)当時の思い出としては、淵野辺の戦車阻止闘争が一番大きなエポックになりました。
僕は今、金沢にいます。今、再稼動が各地で話題になっていますが、私のところでも北陸電力志賀原発2号機の再稼動の問題が出ています。
この間、ずっと再稼動を阻止するために裁判を起こしていた訳ですけど、高裁で原発の再稼動差し止めの判決が出ました。だけれども、結局は最高裁でひっくり返されて敗訴になりました。今、原告団が解散してピースネットという、それをもっと広げた形で、石川県内、富山それから全国に広がっています。
何とか志賀の原発の再稼動を止めるためにも、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。」(異議なし)

司会(米田)
「今すこし時間がありますが、どなたか是非発言という方がいれば、2~3分でお願いしたいのですが。中大から、ではお願いします。一人でも大学代表だ。」

中大 D氏
「中大全中闘の69年組でダテマサヨシという名前で音楽評論家などをやっています。皆さんご存知のように中大はブントの分派闘争によってぐちゃぐちゃになってしまったんですけど、僕らはどこにも行かず4年間一つの大学闘争をやり続けてきました。
そういった独立的な気風というものを生かして、今後も原発問題に関わっていきたいと思います。
また、私自身は福島の出身です。会津ですが、一昨昨日、法事で会津の実家に帰りました。やはり地元の人たちの、農地も使えないという言葉の中には、必ず沸いてくる<おのれ薩長、長州>に対する恨みが今でもこもっています。それから、原発のある場所、例えば下北半島の六ヶ所村、あそこは会津藩が島流しにされた場所です。そんなこともあるので、非常に地元のお年寄りから含めて、皆怒りを感じています。そのことをよろしくお願いします。」(異議なし)

司会(米田)
「あと、まだ発言していない大学の方いますか・・。東洋大学、過激にお願いします。」(異議なし)

東洋大 I氏
「初めまして、藪と申します。ずいぶん若い歳なので、学生の時は学内というよりも、むしろ三里塚で連帯する会の枠でやってました。(異議なし)
芝工大の人たちとも懇意にさせていただきました。ありがとうございました。その当時、明大は怖くて近寄れない場所でした。日大はもちろん出入り禁止です。
とにかく私は一人ですけど、孫のために、愛する子供たちのために、福島の子供たちのために皆さんと一緒にやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。」(異議なし)

司会(米田)
「そろそろ時間ですので、再度、芝工大のYさんの方から今日の集会に向けたアッピールとシュプレヒコールをお願いしたいと思います。」(異議なし)

芝工大 Y氏
「それでは、本日のスローガンとシュプレヒコールを挙げていきたいと思います。(異議なし)(写真中央左)
すべての原発を停止しよう!(すべての原発を停止しよう!)
原発の再稼動を許すな!(原発の再稼動を許すな!)
浜岡原発を廃止しろ!(浜岡原発を廃止しろ!)
玄海原発を廃止しろ!(玄海原発を廃止しろ!)
「もんじゅ」を廃止しろ!(「もんじゅ」を廃止しろ!)
子供を放射能から守ろう!(子供を放射能から守ろう!)
福島の子供を疎開させよう!(福島の子供を疎開させよう!)
福島をかえせ!(福島をかえせ!)
農地をかえせ!(農地をかえせ!)
海をかえせ!(海をかえせ!)
東電は責任をとれ!(東電は責任をとれ!)
経済産業省は責任をとれ!(経済産業省は責任をとれ!)
野田政権は原発を推進するな!(野田政権は原発を推進するな!)
原発をベトナムに輸出するな!(原発をベトナムに輸出するな!)
原発労働者を被爆させるな!(原発労働者を被爆させるな!)
全共闘は闘うぞ!(全共闘は闘うぞ!)
日大全共闘は闘うぞ!(日大全共闘は闘うぞ!)
明大全共闘は闘うぞ!(明大全共闘は闘うぞ!)
芝工大全学闘は闘うぞ!(芝工大全学闘は闘うぞ!)
闘うぞ!(闘うぞ!)
闘うぞ!(闘うぞ!)
頑張って闘いに参加しましょう。(異議なし)(拍手)

司会(米田)
「だいぶ空気がパンパンに入ってきましたね。頑張っていきましょう!」
(No207-4に続く)