イメージ 1
4月17日から5月5日まで、経産省前テント広場で、大飯原発再稼働阻止を掲げて集団ハンストが行われた。4大学共闘(明大、日大、芝工大、専修大)からも4名がハンストに参加し、5月5日の原発ゼロの日を迎えた。
5月5日、芝公園23号地で「原発ゼロの日 さようなら原発5・5(ゴーゴー)集会」が開催され、4大学共闘を中心とするメンバーがその集会とデモに参加したので、その様子を報告する。

当日は、ゴールデンウイーク中で最も天気がいい日。「さようなら原発1000万人アクション」のページから印刷した「さようなら原発鯉のぼり」(写真)を持って会場に向かう。
芝公園23号地の広場に入ると、すぐ集会が始まった。広場に参加者が少ないと思ったら、暑いのと、直射日光を避けるため、木陰に多くの人が避難していた。
最初は生田 卍さんの演奏。
演奏後、集会が始まった。集会での発言をいくつか紹介する。

■発言者: 鎌田 慧さん(ルポライター・呼びかけ人)
「もう止めてしまった原発は絶対に再稼働させない。脱原発に向かっていく瞬間です。
日本の原発反対運動に起ち上がった多くの人たちは鬼籍に入りました。この人たち思いも共有します。
この人たちの魂と一緒に行進します。」

■内橋克人さん(経済評論家)
「原発がなければ仕事がない、暮らしていけない、そういう社会の構造、在り方、政治の進め方を変えていかなければいけない。」

■澤地久枝さん(作家・呼びかけ人)
「今日は原発ゼロの記念すべき子供の日です。
あの日を境にして日本は原発から遠ざかっていくことができた、ということを子供たちに誇りを持って伝えたい。」

■神田香織さん(講談師・賛同人)
「5月5日、夜11時に原発が全て止まります。私たちの宿願の日です。
ですから今日はカンショ踊りをしながらビールで乾杯。原発の息の根を止めましょう。」

■チェヨルさん(韓国・環境財団代表)
『(日本語で)「再稼働反対!」「原発反対!」(参加者が応える)
日本政府は電力が足りないという名目で再稼働を目指している。我々は節電運動と自然エネルギーへの転換で克服すべきである。もうこれ以上、住民の犠牲の上に経済が優先されることは許されない。』

集会が終わる少し前に会場を離れ、デモの様子を撮るために、公園の出口の交差点にある横断歩道橋に向かった。
歩道橋の上には、すでに2、3人がデモの様子を撮ろうと待機している。良く見ると、そのうちの2人は腕に「警視庁」の腕章。ビデオカメラを持って公園の出口の方を見ている。
撮影位置は警視庁関係者のあたりが一番いいのだが、少し離れたところでカメラを構えてデモの隊列が出てくるのを待つ。
歩道橋の上を日の丸を持った男が足早に通っていく。「日の丸?」
デモの先頭集団に続いて4大学共闘の旗が現れた。(写真 )
写真を撮って、デモコースの道に向かう。デモ隊とは反対側の歩道から写真を撮るつもりだ。
歩道橋を降りると、さっきの日の丸の意味が分かった。日の丸や日章旗を持った十数人の男女が、デモ隊の反対側の歩道から、デモ隊に「このやろー」とか「てめーら」とか罵詈雑言を浴びせている。右翼だったんですね。その右翼の周りにはカラーコーンが置かれ、私服刑事が取り囲んでいる。
次の撮影ポイントである歩道橋の上に急いで上がる。ここは結構人が居る。
TBSの腕章をした女性記者が慌ただしくビデオカメラで撮影している。
4大学共闘の隊列はすぐやってきた。パチリパチリと写真を撮っていると、隣にいた金髪の外国人女性が「ゼンキョウトウ」と言っている。
「オッ!日本語が読める!」と思ったが、全共闘の意味は分かっているのかな?
デモ隊は東京タワーの周りを周る。(写真 )再び右翼の街宣車が数台止まっており、そこを通ると、さっきのように罵詈雑言。4大学のメンバーは街宣車にプラカードを見せるなど、余裕で通り過ぎる。
そして東京タワーの真下を通って、再び芝公園23号地へ進む。
東京スカイツリーが出来ても東京タワーには人がいっぱい。
デモ隊は芝公園に沿って浜松町の駅に向かうが、人通りは少なく、地味なコースという印象である。
デモ隊の先回りをして、最後の撮影ポイントである、JR「浜松町」駅前の歩道橋に向かう。
歩道橋の上で写真を撮り、解散地点である旧芝離宮脇の児童公園公園で到着を待つ。
今回のデモの締めは明大のY・R氏。(写真)
『次回は7月16日の代々木公園での「脱原発10万人」集会に4大学で参加しよう。』との発言。最後は参加者でインターを歌って解散となった。
インターを気兼ねなく歌いたいという人もいるようで、最後はこれになる。(写真)

集会参加者は主催者発表で5,500人、警視庁発表で4,000人。
「脱原発」に向けては、様々な分野で多様な取り組みを積み重ねていくことが必要であるが、デモで意思表示することも重要な取り組みの一つである。
7月16日の「脱原発10万人集会」に結集しよう!